ネット予約サイドバナー
LINEサイドバナー

当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する

むちうちなら池下エキナカ接骨院

池下エキナカ接骨院

坐骨神経痛

悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    腰やお尻のシビレ・痛み
    太ももから足先へのシビレ・痛み
    太ももなどの強い張り感
    麻痺している感覚
    長時間動くとシビレや痛みが腰や太もも裏にでる

    坐骨神経神経症にはこれらの症状が見られます。

    それにしても症状の範囲が広いですね。なぜこれほど広範囲に症状が現れるかというと、坐骨神経はお尻から太もも、ふくらはぎへと繋がっておりそして末梢神経の中でも特に太いのが特徴的な神経だからです。

  2. 坐骨神経痛に対する当院の考え

    明るい挨拶

    症状が出る原因としては様々ありますが、過度の運動や長時間のデスクワーク、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、腰部椎間板ヘルニア等の疾患も考えられます。

    特に腰部脊柱管狭窄症は加齢による事と運動不足も加わり50歳以上の発症が多く、高齢の患者様では腰部脊柱管狭窄症の様な症状の方もよく訪れます。

    なので当院では問診でしっかりと患者様のお話をお伺いして的確な判断のもと施術メニューの組み合わせ、提案をしております。

    また、当院ではバリアスツイストという軽量かつ強力に骨盤をサポートできるコルセットも取り扱っており試着も可能です。着けてみると思わず「おっ!!!」っと声が出る程のサポート力があるのでぜひお試しください。

  3. 坐骨神経痛を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    ほとんどの場合悪化していきます。我慢出来るからといってそのままにしてしまっている方は多いのではないでしょうか。

    悪化した場合、まだ腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管症候群ではなかった方が発症してしまったり発症している方では最悪手術を受けないと良くならないということになってしまいます。悪くならない為にも早めに適切な措置をとって下さい。

    まずは基本的には痛みが出た際は安静にしていただくことが大切です。
    自分自身でも過度な運動を避けたり、長時間同じ姿勢を取り続けない、痛みが出る動きを避ける、腰やお尻周りを冷やさないなど心がけましょう。

  4. 坐骨神経痛の軽減方法

    明るい挨拶

    坐骨神経痛を改善する為には長い時間同じ姿勢でいない、運動のやり過ぎを避ける、筋肉をつけるなどがあります。
    痛みが出ている時は基本的に安静にしていただきます。温熱治療やお風呂に浸かり患部を温めるのも痛みを和らげる方法の一つです。

    坐骨神経痛の症状のでる原因としては上記にも記しているように様々な原因が考えられます。

    当院では問診をして手技療法や温熱治療、自費メニューの筋膜ストレッチや矯正治療。バリアツイストという骨盤の位置を調節するコルセットも取り扱っているので、患者様1人1人に合わせた治療法を提案させて頂きます。

  5. 坐骨神経痛の軽減に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    当院の治療メニューでお勧めできるものは温熱治療・EMS・筋膜ストレッチ・矯正治療などが挙げられます。
    神経の痛みは固まった筋肉に圧迫されることも影響も影響します。
    ですので最初に、指圧での手技療法と温熱両方を行うことで循環を良くします。

    EMSは高周波の電気をなどを流せる機械になります。
    高周波は体の奥深くまで電気的な刺激を与えられるので指圧や鍼灸などでは届かないところまで刺激を与えられます。
    筋緊張と筋弛緩を自分で動かさずに行うことができるので痛みを感じずに繰り返し行うことができ痛みを和らげることができます。

    筋膜ストレッチを行い血管の収縮を繰り変えさせることで神経を圧迫する筋肉を緩めます。

    矯正治療では骨格とそれに付着している筋肉を正常な位置に戻すことで筋の緊張を和らげ痛みを取り除いていきます。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    痛みやシビレ感が和らぐことで日常動作が無理や違和感なく行えるようになります。

    坐骨神経とは、痛みを感じる痛覚はもちろん、運動やその他の感覚をもを司る神経でとても役割が大きいものです。

    手技療法で周囲の筋肉を刺激、同時に温熱両方を行うことで痛みにより緊張している筋肉を弛緩させ血流と体温を上昇させて本来持っている自己治癒能力を上昇させ修復を促すことが出来ます。

    更に自費治療ではありますが筋膜ストレッチで筋肉の動作を円滑に、骨格矯正で骨格を正常な位置に戻し筋肉との動きを連結させ自己動作を良くします。

    そこにEMSを行い負担なく筋肉を動かすことで収縮弛緩を悼みなく行うことが出来ます。これらの治療を組み合わせることで効率良く治療を行うことが出来ます。

    また、しっかりと通院していただくことが出来れば受傷する以前よりも状態をよくすることも可能です。

  7. 改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    改善のする為の来院頻度としましては、毎日来て頂くのが良いのですが、難しいとは思いますので最低でも週2〜3日は来て頂くようにお願いしております。週2〜3日来るのを3ヶ月〜6ヶ月続けるのは長く感じてしまうかもしれませんが、坐骨神経は人体の中で最も太い神経で、加齢によって坐骨神経痛が起きる可能性が上がっていきます。完治するまでには、違和感を感じ始めてから痛みが出始めるまでの期間以上に通って頂く必要があります。多少の個人差をありますが痛みが消えても完治しているとは限りません。当院のスタッフは完治までしっかりと寄り添い全力で治療に努めていきますので、私たちと一緒に頑張っていきましょう。

  8. 坐骨神経痛関連でよくある質問と回答

    明るい挨拶

    • Q. 良い骨盤ベルトないですか?
      A. 当院で自信を持ってお勧めさせて頂いているのは、クラシオン式骨盤ベルトです。クラシオン式骨盤ベルトは従来の骨盤ベルトの様にサイズがあって人が合わせるタイプではなく、1人1人の骨盤の開き方、大きさ、左右差に合わせて骨盤ベルトを調整する事が可能となっております。クラシオン式骨盤ベルトはサイズも様々あるのでサイズがなくて骨盤ベルトを諦めてた方や骨盤ベルトがありすぎでどんなのを付けたらいいか分からない方にお勧めです。一度当院にきて頂きお気軽にお声を掛けてください。お待ちしております。

    • Q. どういった治療を行った方がいいですか?
      A. 何が原因で起きてるかによります。骨が原因であれば、電気等で筋肉をつけて少しでも負担を減らす治療をお勧めします。筋肉の硬さが原因であれば、ストレッチや鍼をお勧めします。ストレッチは広く色々な筋肉を伸ばせるので全体的に効果的です。鍼は狭く深くの範囲で効果的です。坐骨神経は様々な原因で起こりうる症状なです。当院では他にも様々な治療メニューがありますので、1人1人の原因に合わせて治療を行うことができます。ぜひ1度当院でお身体にあった治療を体験してみてください。

    • Q. 坐骨神経痛にならないためには
      A. 坐骨神経痛は様々なことが起こってしまう症状なので、これだけを気をつけて下さいと一概にはいえません。色々な原因が坐骨神経を刺激して起きてしまいます。当院で通われてる患者様の多くの原因は筋肉の硬さが坐骨神経を圧迫し痛みを誘発してる事が多いです。その為当院ではストレッチを推奨しております。筋肉を柔らかくする事により坐骨神経の圧迫を減らし痛みを減らす事を目的としております。当院ではスポーツトレーナーと監修した筋膜ストレッチという治療メニューがございます。ぜひ1度当院で坐骨神経痛になる前に体験してみてください。

▲ページの先頭へ戻る

池下エキナカ接骨院のご案内

【住所】〒464-0841 愛知県名古屋市千種区覚王山通7丁目11 チカシン池下北2号店舗
【電話】TEL:052-784-5310

池下エキナカ接骨院景観
受付時間 土・日・祝
10:00 ~ 13:00 9:00 ~12:30
15:30 ~ 21:00 15:00 ~ 18:00

定休日:水曜日

当院までの地図

地下鉄東山線 池下駅から徒歩10秒!
チカシン池下北館の中

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

今池、向陽、春岡など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • 地下鉄東山線池下駅から 徒歩0分!

    052-784-5310

    電話予約できます!(受付時間内)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

該当する方をタップして下さい

初診 or 再診を選択して電話をおかけ下さい。

初診の方

再診の方